勉学の時間を有意義に活用する基本的ポイントについて

公認会計士になるためには、独学でも資格試験に挑んではいただけますがやはり難関と言われていることもあり、学校に通う方のほうが多いようです。

実際に通うことを計画とされている方もいらっしゃるでしょう。

ここで、実際に学校で学ぶ上で押さえておきたい部分について触れておきましょう。

学校の基本「講義」を有効的に取り入れる

主要部分といっても過言ではないのが「講義」かと思います。

まずは話に集中をすることです。これは、皆さんもご存知の部分でしょう。

できれば、その場で理解ができることがベストです。

そのために簡単な予習をしておくのもおすすめとなっています。

ノートをとるという作業についてですが、そこに集中をしてしまうと逆効果ともなりがちですのでご注意ください。

メモの癖について

ノートのポイントでもあるのですが、メモすると言う意識で進めていくのが効率的でしょう。

実際にも知識として身につけやすいともいわれているのです。

詳細についてノートをとりすぎてしまうことによって、文字ばかりとなり理解がしにくい状態を招きかねないのです。

計画と融通

資格取得を目指す以上、そのスケジュール管理や計画というものは重要になってきます。

しかし、それに囚われるばかりではなく、柔軟に対応をするという事も忘れないようにしましょう。

現在の自分には何が足りないのか?

何を優先されるのかなどという事についても考えておきたい部分といえるでしょう。

有意義に過ごすことが大切

公認会計士になるための時間をどのように有意義に役立てていくのかという事を考えてみました。

上記のようないくつかのポイントは基本的なものではありますが、だからこそ忘れがちなものでもあります。

しっかりと認識をもって進めていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました